美味學院(デリシャスガクイン)

リストランテ

いよいよ最終話13皿目のレシピとなりました。
最後は、日本で生まれた洋食で、家庭料理の基本の一つでもある子供の頃から食べ親しんだ母の味、『オムライス』です。
食べるとホッとする覚えておきたい一品ですね。

(材料)2人分

ご飯    200g(普通より固めに炊いたものが望ましい。残りご飯でOK。)
玉ねぎ   小さめのもの1/2
鶏もも肉  1/2枚
マッシュルーム  6個
ピーマン     1個
バター      大匙3(チキンライス用)
トマトケチャップ 大匙1・1/2(チキンライス用)
赤ワイン     小匙1
醤油       小匙1
卵        4個
牛乳       大匙2
サラダ油     大匙1(オムレツ用)
バター      大匙1(オムレツ用)
塩・こしょう   少々
トマトケチャップ 適量
パセリ      適量(飾り用)


作り方
  1. 玉ねぎ、ピーマンはみじん切りに、マッシュルームは薄切り、鶏もも肉は約1cm角に切る。
  2. フライパンにバター大匙1・1/2を溶かし、中火で玉ねぎを透明感が出るまでじっくり炒める。(甘みを出しましょう。)
  3. 2にバター大匙1・1/2を加え、鶏もも肉を入れ中火で炒め、火が通ったらピーマン、マッシュルームを加えさっと炒める。
  4. 3にケチャップ、赤ワインを加え全体にからませたら、ご飯を加え、塩・こしょうで味を調え最後に醤油を加えご飯をほぐすように残鯛をむらなく混ぜチキンライスを作る。
  5. ボウルに一人分ずつ卵を割りほぐし(1人2個)、塩・こしょう、牛乳を加えよく混ぜる。(一度、ザルでこすと表面がなめらかになります。)
  6. フライパンにバター大匙1とサラダ油大匙1を入れ、中火よりやや強めの火で焦がさないように溶かし、卵を一気に流しフライパンを振り動かしながら、箸を勢いよく前後に動かし、卵をかき混ぜる。
  7. 卵の下のほうが薄く固まり、上のほうが半熟状になってきたら火からおろす。
  8. 4のチキンライスの1/2量を7の卵の真ん中にまとめるようにのせ、柄を持ち上げてフライパンを45度くらいの傾斜にし、箸を使って手前の卵でライスを包み込むように折りながら、卵でチキンライスを包み込む。
  9. オムライスをお皿にのせ、形を整えて、トマトケチャップとパセリを添えて完成。

ポイント

チキンライスは、ケチャップを少なめにして、赤ワインと醤油を少々加えると、あっさりと食べやすくなります。ケチャップライスが苦手な方にもオススメです。
卵できれいに包めなくても、お皿にのせるときに形が崩れてしまっても、お皿にのせてからキッチンペーパーをオムライスにかぶせて形を整えれば大丈夫です。
フライパンに卵を流しいれてからは、手早く作りましょう。
『美味学院』料理・レシピ作成担当
平岡淳子

料理コーディネーター 
学生時代に食物栄養学を学び、その後、料理コーディネートを学ぶ。
現在、雑誌やwebサイトでレシピの提案、コラム執筆などで活動中。自宅にて料理教室も主宰。
今回、美味学院のレシピ制作、調理を始め、フードコーディネートを担当。

TOPページ